Bean記 その3

液晶が逝ったっぽい。

というのはまた後書くとして。

失敗しまくるので少しでも成功率を上げようと、AmazonでUSBフィルムヒーターを買い、カバーの側面に貼り付けてみた。電源はUSBACアダプター。人肌+αくらいには温まってくれるので、レジンの粘度は目に見えて下がった(プラットフォームを上げて垂らすとわかる)。

で、ヒーターをつけても今度はプラットフォームに何も造形されない事態が発生。これは今までで一番ひどい。

もう思い当たる節は液晶しかない。初回起動時から半分つかないとかおかしい点があって、それからもテストパターン(真っ白。何もマスクしない状態)は表示できても、マスク部分があると液晶がチラチラ点滅してるのだ。疑いながらもこういうものだと思い込もうとしてたけど、やっぱりどう見ても故障だよね。1年もほっといたのを今更後悔。

高いけどKudo3D公式から液晶ユニットを購入した。69ドルだけど、送料が24ドルもかかり、日本円で1万強の出費。ELEGOOの安いレジンも買っちゃったし、後戻りできんのだ。

関係ないけど、Beanのプラットフォームってまっ平らな板金だから、上に結構な量のレジンが乗っかっちゃうんだよね。いつも無駄だよなと思いながら見てる。他社のは斜めになってて、ちゃんと下に落ちるようになってる。改造できなくもないけど面倒だよな。